So-net無料ブログ作成

翼 [稲葉的詞世界]

B'z『永遠の翼』という曲。

作詞家・稲葉浩志が詞中で使用する
「僕ら」という言葉が、全てを雄弁に語ってくれる。

「その時代」における正しさは、現代のものとはやっぱり違うもので、
でも、双方の背景にある「心」はそんなに違わないのかもしれない。

「今」は、愛する人の笑顔を消さぬように必死に生きようと、
そして「その時代」では愛する人の笑顔を守るために、
折りたたむことのできぬ翼をひろげ、敵国へと向かう。

「それ」はたった一人が絶えず持っていた信念ではなく、
「僕ら」みんなが抱いていた、抱かずにいられなかった想い。

国家権力の前に、悪が正へと変容を遂げ、それを鵜呑みにするしかなかった。
今だったら野蛮だと切り捨てられる行為が、当時はその行為こそが
唯一許された愛情表現だったとしたら…。

いやでも、「それ」と戦争を美化することとは次元の違う話なのだ、きっと。



今を生きる「僕ら」は、「彼ら」が戦火に散っていった事実から
何を学んできたのだろうか。そして何を学んでいるのだろうか。

新世紀は、9.11同時多発テロ事件という悪夢のような惨劇で幕を開けた。
報復に躍起になった大国と、それにホイホイと手を貸したアジアの島国。

果たして「今」を「優しい未来」だと、「彼ら」は思ってくれるだろうか。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。