So-net無料ブログ作成

星々 [稲葉的詞世界]

稲葉さんは、「僕」も「キミ」も星だと言う。

社会は逸脱を嫌い、逸脱者を刑法などで排除することで
社会全体の秩序を保とうと日々試みている。

何をもって「逸脱」だと判断するか。
それは、法律やら憲法やら明文化されたものを基準とするのは勿論、
各々が幼い頃から親や先生から植え付けられ、共通に保有していると
思われる「道徳観」という次元のモノもあてはまる。

次第にそういった潮流は、個人のライフスタイルにまで影響を与える。
夢物語の将来像を語れば、他人からは白い目で見られるか、シカトされるか。
親や先生に相談すれば、「現実を見なさい」と諭される。
そう、社会と言うの多くの人々の行く末までも構築してくれる。
そして社会が引いたレールから外れると、逸脱と言うレッテルを貼られてしまう。
なんてありがた迷惑な話だと、「稲葉浩志」は思っているに違いない。



往くべき軌道をそれちゃえば 生きていけない 星       『ロンリースターズ』

好きだな、こういう稲葉さんの社会風刺。
ねぇ、稲葉さん。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。