So-net無料ブログ作成
検索選択

「作り唄う」こと [その他]

深夜のラジオから届いた歌声。

その凛然とした歌声からは筋の通った強さが、
歌詞からは強さとともに同居する切なさが感じられた。

彼女の歌声をラジオで初めて聞いたのはいつのことだったろうか。
ネットで調べてみるとどうやら2年ほど前のことになるらしい。

それはまったく予期せぬ出会いだった。
これまで数多く私の耳を素通りしていった曲がある中、
耳とどまったこの曲、そして彼女の歌声には
やはり何かしらの「縁」があるのだろう。
こういった忘れえぬ曲との出会いからも
「出会いの特別性」を感じずにはいられない。






中村中さんの『友達の詩』。
彼女自身のバックグラウンドとこの曲の歌詞を勘案すると、
彼女の中にある社会的にはあまり歓迎されない欲求などを
「作り唄う」ことによって昇華し、自身と社会をつなぐ存在が
この『友達の詩』なのかなぁとも思えた。

だから表出された言葉から滲み出る切実さが、
これほどまでに「イタク」人々の心に届くのでしょう。

『友達の詩』は彼女の世界観の包括的な「カタチ」なのでしょう。
逃れようのない運命が今の彼女を、
そして表現者としての彼女を支えているのでしょう。
彼女の真意を知らない私はこんな倒錯した考えをしてしまいます。



『友達の詩』。
素晴らしい曲です。

手を繋ぐくらいでいい 並んで歩くくらいでいい
それすら危ういから 大切な人は友達くらいでいい
友達くらいが丁度いい

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。