So-net無料ブログ作成

ケータイ [稲葉的詞世界]

浮世のスピードは驚くほど早い。目まぐるしく動くその中に自分はいる。

人生には際限がある。
残りどれだけあるか分からない人生のうちの「一日」を浪費している。
そのことを痛感しつつも、僕は今日も懲りずに、自分の寿命から「一日」を捨てた。携帯電話を折りたたみ式の古いものから最新のスマートフォンに変えた。
フリック入力が思いの外面白く、
最初は意味もなくタッチパネルの上に親指を置いては何度も滑らせた。
不意にひとつのアプリに指先が当たって開いた。それは電話帳だった。

その人の名前は「あ」で始まるから、
電話帳を開けると必ずその人の名前が目に入る。

その人とは大学生の時に出会った。
彼女は器量が良く利発で、僕とはどう転んでも釣り合わない。
高嶺の花の彼女には案の定お似合いの彼氏がいて、
僕と彼女との関係は友達として始まった。

同じ学年、同じサークル、同じゼミ。加えて同じ学生寮。
僕らの縁は四季が巡る度に深みを増し、
気がつくと友達から親友へと関係は変遷していた。

彼女がくれる言葉は知性に富み、会話はとても楽しく、
八重歯が覗く彼女の笑顔は何にも代えがたいものだった。
彼女は人間的にとても魅力的だった。
それらを打ち壊すことを僕は嫌い、彼女に対して「色恋」を持ち出すことはなかった。

彼女と過ごす時、僕の心は洗われ、洗練されていく感覚さえもあった。
だから彼女と出会い大阪駅で別れるまでの大学生活四年間、
僕は懸命に当時を歩き、時に走れていた。当時を地に足付けて生きれていた。
凛々しさをまとい、時によく笑い、何事にも全力を尽くす、
今とは全く違うかけ離れた自分の姿があった。

彼女は大学卒業と同時に故郷に帰った。
現実的かつ物理的な距離が僕らを疎遠にし、なんの音沙汰も無く約三年の歳月が過ぎた。
日常生活で笑うことも少なくなっていた。

面白くも不慣れなフリック入力が悪戯をして、彼女の番号に発信がかかった。
慌ててすぐにタッチパネルに現れた「通話終了」を何遍も押した。
彼女は電話には出なかったが、僕の携帯にはその発信履歴が残った。拍動が高まる。

何かを期待してしばらく携帯を注視したが何も起こらなかった。
心にもどかしさが押し寄せる。どうしてだろうという問いに気付かないフリをして、
万年床に身を投げ出し、睡魔が襲いかかってくれることに期待して目を閉じた。

遮光カーテンが重なるわずかな間から部屋に差し込む月光。
僕は浅い眠りから目を覚まし、天井をぼーっとみた。
月の柔らかで一定の光とは違う、点いたり消えたりする律動的な光が天井の隅にあった。

身体を起こしテーブルに目をやると、携帯が点滅を繰り返している。

「もしもーし。久しぶりやね。懐かしいわー。どしたん、急に? また電話ちょうだいなー」
留守電に入っていたのは、懐かしい相沢の声だった。


どれだけ離れ 顔が見えなくても 互いに忘れないのは 必要とし 必要とされていること それがすべて 他には何もない B'z『Calling』

僕は彼女を忘れていない。彼女も僕を覚えていてくれた。
ただそれだけの事実がたまらなく嬉しかった。
またここから歩き出せそうな気がした。
意味ある「一日」が始まる気配が立ち込めた。

投げ捨ててきた過去の日々が僕に向ける冷笑を、振り切れそうな予感がする。
拍動がいやおうなく高鳴り、しばし忘れていた笑顔と情熱を取り戻した。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。